週刊文春

文藝春秋

毎回、話題の事件、出来事、人物 をそれぞれピックアップ、事実に基づいた取材で問題の根本を追求、それに多彩な著名人が鋭い分析を行っています。 林真理子、伊集院静、浅田次郎、椎名誠など、注目の作家のエッセイがいくつも読めるのも魅力の一つ。

目次

  1. 週刊文春について
  2. 週刊文春の最新号
  3. レビュー・口コミ
  4. マガジン読み放題
  5. 関連商品
  6. Amazon販売情報

週刊文春について

雑誌・マガジン情報
雑誌名 週刊文春
出版 文藝春秋
カテゴリー
発行日 毎週木曜日
ランキング アクセス:6位
セールス:12位
料金
  • ¥220(【月額払い】)
  • ¥396(月額払い)
  • ¥29,500(紙版1年(50冊)+電子版セットプラン)
  • ¥24,500(1年)
  • ¥12,250(6ヶ月)

30日間無料~Kindle Unlimited~

更新情報・お知らせ

2018/12/13
商品ページに目次を追加しました。NEW
2018/11/12
タグ機能を追加しました。NEW
2018/09/26
楽天マガジンの紹介を追加しました。
2018/08/21
Amazonでの販売情報を追加しました。
2018/07/26
カテゴリー別ランキングが見やすくなりました。
2018/06/19
雑誌・マガジンのキーワード検索が利用しやすくなりました。
2018/05/18
『マガジンキング』サイト公開しました。

» 過去ログ

最新号の紹介~無料お試し~

週刊文春
無料でのお試しもありますので、是非ご覧ください。 最新号を無料で試し読み(一部除く)

最新レビュー(読者の声)

週刊文春について最新の口コミ情報です。過去のレビューを見ることもできます。

Jun

職業:経営者 投稿日時:2021年09月15日 23時29分42秒
評価:★★★★★
コメント:足腰弱く本屋に行くのが億劫になりましたが、定期購読は割引もあり便利です。

にゃんだばー

職業:会社員 投稿日時:2021年09月07日 15時33分27秒
評価:★★
コメント:高齢者の身を守る5つの掟に興味を持った。しかし、前から知っている内容ばかりで期待はずれだった。二重マスクが効果的と書いてあったが、中国製のマスクと国産のマスクを使った場合の取材をしてほしかった。

購入

職業:会社員 投稿日時:2021年09月05日 15時59分59秒
評価:★★★
コメント:総合週刊誌として期待しています。写真掲載を増やして欲しいです。

過去の口コミをもっと見る

雑誌・マガジン情報
雑誌名 週刊文春
出版 文藝春秋
カテゴリー
発行日 毎週木曜日
ランキング アクセス:6位
セールス:12位
料金
  • ¥220(【月額払い】)
  • ¥396(月額払い)
  • ¥29,500(紙版1年(50冊)+電子版セットプラン)
  • ¥24,500(1年)
  • ¥12,250(6ヶ月)

500誌以上が読み放題<楽天マガジン>

初回31日間は無料でお試し!月額418円(税込)で600誌以上がアプリで読み放題。年額プランなら3,960円と更にお得。最新号からバックナンバーまで読めるのが最大のメリット!

1つのアカウントでスマホ、タブレットは5台、パソコンなど2台まで複数利用できます。

ファッション誌、女性誌・男性誌、週刊誌、経済詩などジャンルも豊富なので、読みたかった雑誌も一気に読めます。まずは無料で31日間利用してみては? >>お申込みはこちら

関連する商品

週刊文春
週刊新潮
AERA(アエラ)
SPA!(スパ)
月刊 Hanada
正論
サンデー毎日
月刊WiLL(マンスリーウイル)
週刊朝日
新聞ダイジェスト

週刊文春の販売情報

週刊文春販売情報は下記ご覧ください。

週刊文春WOMAN(vol.3(2019夏号))
509円

週刊文春WOMAN(vol.3(2019夏号))

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春WOMAN vol.4 創刊1周年記念号
550円

週刊文春WOMAN vol.4 創刊1周年記念号

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春WOMAN(vol.7(2020秋号))
550円

週刊文春WOMAN(vol.7(2020秋号))

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春 認知症全部わかる!
935円

週刊文春 認知症全部わかる!

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春WOMAN(vol.11)
550円

週刊文春WOMAN(vol.5(2020春号))
550円

週刊文春WOMAN(vol.5(2020春号))

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春 新型コロナウイルス完全防御ガイド
499円

週刊文春 新型コロナウイルス完全防御ガイド

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春 新型コロナ完璧サバイバルガイド(2021最新版)
499円

週刊文春 新型コロナ完璧サバイバルガイド(2021最新版)

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春WOMAN(vol.6(2020夏号))
550円

週刊文春WOMAN(vol.6(2020夏号))

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春WOMAN(vol.9)
550円

週刊文春シネマ特別号「X-MEN」シリーズ最強ガイドブック
1078円

週刊文春シネマ特別号「X-MEN」シリーズ最強ガイドブック

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春WOMAN(vol.8)
550円

週刊文春が報じた大相撲 暴力と暗闘のすべて
712円

週刊文春が報じた大相撲 暴力と暗闘のすべて

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春が迫る、BEAMSの世界
679円

週刊文春が迫る、BEAMSの世界

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


2016年の週刊文春
2530円

2016年の週刊文春

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

花田紀凱と新谷学。ふたりの名編集長を軸に昭和、平成、令和の週刊誌とスクープの現場を描く痛快無比のノンフィクション。


写真集あの顔、あの時代。
1320円

写真集あの顔、あの時代。

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

グリコ・森永事件/85年阪神タイガース優勝/日航123便事故/昭和天皇崩御/11PM放送終了/信楽高原鉄道列車衝突事故/オウム事件/阪神淡路大震災/酒鬼薔薇事件/和歌山毒カレー事件/横山ノック知事/西鉄バスジャック事件/付属池田小学校襲撃事件/長崎児童誘拐事件/03年阪神タイガース優勝/玄界島地震/JR尼崎列車事故/天満天神繁昌亭オープン/長田町鉄人28号像/東日本大震災/山中伸弥教授ノーベル賞受賞/etc…35年間週刊文春のグラビアページを飾ってきたフリーカメラマンが切り取る、「あの時代」の事件、事故、そして人々。


肉声が暴く北朝鮮の闇
875円

『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕
968円

『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

競い合うように数々のスクープを連発し、権力に挑み、大物のクビを飛ばし、事件の真相を追い、人間の真実を描いてきた両誌。週刊誌メディアは、なぜこれほどの力があるのか?そもそも、いかに週刊誌というメディアがつくられたのか?スクープをものにすべく記者たちはどう動くのか?権力やタブーといかに闘うか?新聞メディアの驚愕の劣化とは?週刊誌が描いた事件の裏側の人間模様とは?そして、これからメディアはどうなるのか?両誌の歴史と内幕を知り尽くした巨頭OBの二人(元『週刊文春』編集長と元『週刊新潮』副部長)が、すべてを語り尽くす!


週刊文春「シネマチャート」全記録
1012円

週刊文春「シネマチャート」全記録

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

一九七七(昭和五十二)年六月二十三日号にスタートした「週刊文春」の名物映画評「シネマチャート」。四十年間で四千本を超える映画に二十九名の評者が☆を付けてきた。その☆を初めて集計し、洋画ベスト200、邦画ベスト50を選出。「我らの時代の映画」ガイドの決定版!


週刊文春WOMAN(vol.2(2019GW号))
509円

週刊文春WOMAN(vol.2(2019GW号))

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春WOMAN(vol.10)
550円

「週刊文春」編集長の仕事術
1540円

「週刊文春」編集長の仕事術

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

人脈・企画・交渉・組織・決断・戦略など、現役編集長が裏側を全公開!すごい結果を出す、門外不出85の奥義。


表紙はうたう 完全版 和田誠・「週刊文春」のカヴァー・イラストレーション
9900円

表紙はうたう 完全版 和田誠・「週刊文春」のカヴァー・イラストレーション

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

没後1年追悼出版。和田誠が40年間描き続けた「週刊文春」全表紙を収録。


週刊文春 トップ屋魂
1069円

週刊文春 トップ屋魂

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

「トップ屋」とは、各週刊誌で“巻頭記事”を執筆するフリーのジャーナリストやライターのことで、昭和三〇年代の週刊誌創刊ブームのころから、そう呼ばれていた。大下は、昭和四〇年代から五〇年代にかけて『週刊文春』のトップ屋として多くのスクープを生み出した。本書は、政財界から芸能、闇社会に蠢く“昭和の怪物たち”の裏の顔に鋭く迫った男が、その舞台裏を描いた大作ノンフィクションである。社会に激震を与えたスクープはいかにして生み出されたのか?脈々と受け継がれる「文春砲」の秘密がここにある。


獲る・守る・稼ぐ 週刊文春「危機突破」リーダー論
1760円

獲る・守る・稼ぐ 週刊文春「危機突破」リーダー論

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


「週刊文春」とベルゼベフの熱すぎる関係
1540円

「週刊文春」とベルゼベフの熱すぎる関係

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

島田真「週刊文春」編集長の守護霊インタヴュー。正義なきマスコミの実態。悪魔の手下に成り下がった拝金ジャーナリズム。正義か悪か、真実かウソかー。その検証もしないまま、読者をミスリードする週刊文春。そこには、やはり悪魔ベルゼベフが暗躍していた。


Amazonで関連する商品を探してみませんか?Amazon Primeなら、すぐに届くのでオススメ!