週刊文春

文藝春秋

毎回、話題の事件、出来事、人物 をそれぞれピックアップ、事実に基づいた取材で問題の根本を追求、それに多彩な著名人が鋭い分析を行っています。 林真理子、伊集院静、浅田次郎、椎名誠など、注目の作家のエッセイがいくつも読めるのも魅力の一つ。

目次

  1. 週刊文春について
  2. 週刊文春の最新号
  3. レビュー・口コミ
  4. マガジン読み放題
  5. 関連商品
  6. Amazon販売情報

週刊文春について

雑誌・マガジン情報
雑誌名 週刊文春
出版 文藝春秋
カテゴリー
発行日 毎週木曜日
ランキング アクセス:10位
セールス:8位
料金
  • ¥220(【月額払い】)
  • ¥396(月額払い)
  • ¥24,500(1年)
  • ¥12,250(6ヶ月)

30日間無料~Kindle Unlimited~

更新情報・お知らせ

2018/12/13
商品ページに目次を追加しました。NEW
2018/11/12
タグ機能を追加しました。NEW
2018/09/26
楽天マガジンの紹介を追加しました。
2018/08/21
Amazonでの販売情報を追加しました。
2018/07/26
カテゴリー別ランキングが見やすくなりました。
2018/06/19
雑誌・マガジンのキーワード検索が利用しやすくなりました。
2018/05/18
『マガジンキング』サイト公開しました。

» 過去ログ

最新号の紹介~無料お試し~

週刊文春
「真面目な長女」に何が起きたのか 「甘いのよ」 小室圭さんを叱った 眞子さま暴走愛<全内幕> ▼小室さん代理人謝罪要求でチラつかせた眞子さま「ご意向」 ▼小室さんが初恋眞子さま「激しいご気性が前面に」 ▼秋篠宮家の憂慮「悠仁さまに級友が小室さんの件を…」 ▼小室さん母元婚約者の年末調整「還付金」も懐に 菅「コロナ敗北の瞬間」<厚労相「絶対にダメです」> <スクープ撮>最近の口癖は「チャクラが」 進次郎“女帝秘書”は 公用車不正の常習犯 「インド変異株」の巨大リスク 「横暴<中国>を包囲せよ」 緊急レポート   野嶋 剛 老眼の「最新常識」 メガネは? 手術は?   鳥集 徹 「在宅ひとり死」実践者に学ぶ 長瀬智也、帰ってこい! <初告白>父に語った「俺はこれからだ」盟友プロデューサー「タッグは諦めない」 特大ワイド スクープの主役たち 議員辞職へ菅原一秀小誌だけが書ける「現金配布リスト」 杏 アンパンマンが援助 東出 笑顔と遠い目 唐田 二つの不運 小川彩佳 夫が計画していた白ビキニ愛人との“沖縄別荘” 離婚&独立 前田敦子がスタッフに“衝撃宣言” 松田聖子 ツアー中止と閉店で選んだ“禁断の髪型” 滝沢秀明 女性社長と“水商売”の裏にドバイの大富豪 6.6億円相続 ドンファン妻は「顔が変わって別人のように」 大谷翔平 美人バレー選手との仲を二人の父に聞くと… 泉ピン子 えなり 不仲だけじゃない渡鬼最終回に二つの危機 安住アナが告白「僕はこうしてパンダ命名予想屋になった」 スウィートパワー セクハラ社長のパワハラLINE 岡田晴恵が小誌に激白「文春のせいで17キロ痩せたわよ!」 「一番怖いのは案里」河井克行 ゴーマンは変わらない 女性蔑視で辞任 佐々木宏がポスターをデザインした自民議員 福岡5歳児虐待 洗脳母が拘置所で「息子が夢に出る」 佐村河内守「新曲」を聞いた<新垣隆>の感想は… チャーリー浜 結婚4回の豪快人生じゃ、あーりませんか タレント復帰 森田健作 がもう「さらば千葉県と言おう」 涙なしに読めない瀬古利彦がんで逝った34歳長男「最後の言葉」 「青天を衝け」を10倍楽しむ!<完全ガイド> キャスト&スタッフインタビュー 草彅剛(慶喜役)、大森美香(脚本)、 菓子浩(制作統括)、モーリー・ロバートソン(ペリー役) 渋沢栄一を生んだ江戸の人材登用術   磯田道史 歴史を動かした水戸学の水脈   鹿島 茂×片山杜秀 「青天を衝け」人物事典   一坂太郎 いつも新しい『論語と算盤』    江上 剛×楠木 建 幕末、わたしのイチ推しはこの人です 中野信子、門井慶喜、麻木久仁子、飯田泰之、ビビる大木 グラビア 総力特集 青天を衝け 草彅剛、徳川慶喜を語る 原色美女図鑑   広瀬すず 今はGOTOよりもTOGO! 絶品テイクアウトで至福のひと時 <交際女性が見た大量の歯ブラシ、二階堂ふみとも…> 「おちょやん」成田凌「ドアホ」な女癖 議員パスを不正使用して逢瀬に 山尾志桜里 不倫弁護士の<前>妻が自殺していた 今もワインを手に倉持弁護士の自宅を訪ね深夜まで過ごす山尾議員。だが、子どもの親権を奪われ、離婚した妻は昨年、自ら命を絶っていた。 夜ふけのなわとび   林真理子 本音を申せば   小林信彦 悩むが花   伊集院静 師匠はつらいよ   杉本昌隆 ツチヤの口車   土屋賢二 いまなんつった?   宮藤官九郎 パンタレイ パングロス   福岡伸一 人生エロエロ   みうらじゅん 川柳のらりくらり   柳家喬太郎 言霊USA   町山智浩 この味   平松洋子 マンガ党宣言!   宇垣美里 ポップス歌手の耐えられない軽さ(終)   桑田佳祐 <新連載> 司馬遼太郎 幻のデビュー作を漫画化 ペルシャの幻術師   蔵西 ヤメ銀 絶滅時代のバンカーたちへ   秋場大輔 辻占の女   貴志祐介 新・家の履歴書   水田わさび 文春図書館 特別拡大版 「歴史探偵」<追悼特集> 半藤一利という生き方 半藤さんの遺したことば   石田陽子 半藤一利さんの思い出   竹下景子、原田眞人、大木 毅、藤井康栄、荒 川博、山本明子 後輩社員座談会 最後まで貫いた「奮闘努力」 いま読みたい半藤一利の11冊   保阪正康、佐藤 優、小島慶子、辻田真佐憲、原 武史 阿川佐和子のこの人に会いたい   半藤末利子 見もの聞きもの テレビ健康診断   亀和田武 木曜邦画劇場   春日太一 黄金の日本映画   北村匡平 名画レントゲン   秋田麻早子 クローズアップ   マシュー・マコノヒー アンソニー・ホプキンス 言葉尻とらえ隊   能町みね子 シネマチャート/注目の展覧会 マンガ タンマ君   東海林さだお 沢村さん家のこんな毎日   益田ミリ 日々我人間   桜 玉吉 新聞不信/食味探検隊 てこずるパズル/淑女の雑誌から 伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田 誠) 無料でのお試しもありますので、是非ご覧ください。 最新号を無料で試し読み(一部除く)

最新レビュー(読者の声)

週刊文春について最新の口コミ情報です。過去のレビューを見ることもできます。

ヨコマン

職業:パート 投稿日時:2021年05月06日 12時30分29秒
評価:★★★★
コメント:毎週スクープ満載です。編集スタッフの取材力にいつも感服してます。

ホークス

職業:無職 投稿日時:2021年05月02日 19時38分14秒
評価:★★★★★
コメント:毎週毎週楽しくてしょうがない よくもまあ調べるねえ

kikimimi

職業:自営業 投稿日時:2021年05月02日 10時36分12秒
評価:★★★★
コメント:40年近く、ほぼ毎週購読しています。以前は通勤時に駅で買っていましたが、通勤が減ると、わざわざ買いに出るのも大変になりました。届けていただけるのはとても助かります。最近の「週刊文春」といえば、芸能人等のスキャンダル雑誌の代名詞になり、購読を辞めようかと思うこともありましたが、最近いかにも文春らしいキャンペーン記事を読み思いとどまりました。昨今の活字離れの中で存続していくことは難しいことで、営業上の理由から編集方針も変えざるを得ないことなのでしょう。今は、長い目で見ていきたいと思っています。

過去の口コミをもっと見る

雑誌・マガジン情報
雑誌名 週刊文春
出版 文藝春秋
カテゴリー
発行日 毎週木曜日
ランキング アクセス:10位
セールス:8位
料金
  • ¥220(【月額払い】)
  • ¥396(月額払い)
  • ¥24,500(1年)
  • ¥12,250(6ヶ月)

500誌以上が読み放題<楽天マガジン>

初回31日間は無料でお試し!月額380円で450誌以上がアプリで読み放題。年額プランなら3,600円と更にお得。最新号からバックナンバーまで読めるのが最大のメリット!

1つのアカウントでスマホ、タブレットは5台、パソコンなど2台まで複数利用できます。

ファッション誌、女性誌・男性誌、週刊誌、経済詩などジャンルも豊富なので、読みたかった雑誌も一気に読めます。まずは無料で31日間利用してみては? >>お申込みはこちら

関連する商品

週刊文春
週刊新潮
サンデー毎日
AERA(アエラ)
SPA!(スパ)
月刊 Hanada
正論
月刊WiLL(マンスリーウイル)
週刊朝日
創(つくる)

週刊文春の販売情報

週刊文春販売情報は下記ご覧ください。

週刊文春WOMAN(vol.3(2019夏号))
509円

週刊文春WOMAN(vol.3(2019夏号))

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春WOMAN(vol.7(2020秋号))
550円

週刊文春WOMAN(vol.7(2020秋号))

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春 認知症全部わかる!
935円

週刊文春 認知症全部わかる!

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春WOMAN(vol.5(2020春号))
550円

週刊文春WOMAN(vol.5(2020春号))

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春WOMAN vol.4 創刊1周年記念号
550円

週刊文春WOMAN vol.4 創刊1周年記念号

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春 新型コロナ完璧サバイバルガイド(2021最新版)
499円

週刊文春 新型コロナ完璧サバイバルガイド(2021最新版)

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春 新型コロナウイルス完全防御ガイド
499円

週刊文春 新型コロナウイルス完全防御ガイド

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春WOMAN(vol.9)
550円

週刊文春WOMAN(vol.6(2020夏号))
550円

週刊文春WOMAN(vol.6(2020夏号))

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春WOMAN(vol.8)
550円

週刊文春シネマ特別号「X-MEN」シリーズ最強ガイドブック
1078円

週刊文春シネマ特別号「X-MEN」シリーズ最強ガイドブック

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春が報じた大相撲 暴力と暗闘のすべて
712円

週刊文春が報じた大相撲 暴力と暗闘のすべて

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


週刊文春が迫る、BEAMSの世界
679円

週刊文春が迫る、BEAMSの世界

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


2016年の週刊文春
2530円

2016年の週刊文春

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

花田紀凱と新谷学。ふたりの名編集長を軸に昭和、平成、令和の週刊誌とスクープの現場を描く痛快無比のノンフィクション。


写真集あの顔、あの時代。
1320円

写真集あの顔、あの時代。

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

グリコ・森永事件/85年阪神タイガース優勝/日航123便事故/昭和天皇崩御/11PM放送終了/信楽高原鉄道列車衝突事故/オウム事件/阪神淡路大震災/酒鬼薔薇事件/和歌山毒カレー事件/横山ノック知事/西鉄バスジャック事件/付属池田小学校襲撃事件/長崎児童誘拐事件/03年阪神タイガース優勝/玄界島地震/JR尼崎列車事故/天満天神繁昌亭オープン/長田町鉄人28号像/東日本大震災/山中伸弥教授ノーベル賞受賞/etc…35年間週刊文春のグラビアページを飾ってきたフリーカメラマンが切り取る、「あの時代」の事件、事故、そして人々。


週刊文春老けない最強食
968円

肉声が暴く北朝鮮の闇
875円

週刊文春「シネマチャート」全記録
1012円

週刊文春「シネマチャート」全記録

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

一九七七(昭和五十二)年六月二十三日号にスタートした「週刊文春」の名物映画評「シネマチャート」。四十年間で四千本を超える映画に二十九名の評者が☆を付けてきた。その☆を初めて集計し、洋画ベスト200、邦画ベスト50を選出。「我らの時代の映画」ガイドの決定版!


週刊文春WOMAN(vol.2(2019GW号))
509円

週刊文春WOMAN(vol.2(2019GW号))

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら


「週刊文春」編集長の仕事術
1540円

「週刊文春」編集長の仕事術

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

人脈・企画・交渉・組織・決断・戦略など、現役編集長が裏側を全公開!すごい結果を出す、門外不出85の奥義。


表紙はうたう 完全版 和田誠・「週刊文春」のカヴァー・イラストレーション
9900円

表紙はうたう 完全版 和田誠・「週刊文春」のカヴァー・イラストレーション

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

没後1年追悼出版。和田誠が40年間描き続けた「週刊文春」全表紙を収録。


スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ
1320円

スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

衝撃のスクープはこうして生まれた!端緒の情報、極秘取材、当事者直撃、徹夜の原稿執筆…その舞台裏を、20年間最前線で活躍した記者が赤裸々に明かす。


週刊文春 トップ屋魂
1069円

週刊文春 トップ屋魂

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

「トップ屋」とは、各週刊誌で“巻頭記事”を執筆するフリーのジャーナリストやライターのことで、昭和三〇年代の週刊誌創刊ブームのころから、そう呼ばれていた。大下は、昭和四〇年代から五〇年代にかけて『週刊文春』のトップ屋として多くのスクープを生み出した。本書は、政財界から芸能、闇社会に蠢く“昭和の怪物たち”の裏の顔に鋭く迫った男が、その舞台裏を描いた大作ノンフィクションである。社会に激震を与えたスクープはいかにして生み出されたのか?脈々と受け継がれる「文春砲」の秘密がここにある。


『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕
968円

『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

競い合うように数々のスクープを連発し、権力に挑み、大物のクビを飛ばし、事件の真相を追い、人間の真実を描いてきた両誌。週刊誌メディアは、なぜこれほどの力があるのか?そもそも、いかに週刊誌というメディアがつくられたのか?スクープをものにすべく記者たちはどう動くのか?権力やタブーといかに闘うか?新聞メディアの驚愕の劣化とは?週刊誌が描いた事件の裏側の人間模様とは?そして、これからメディアはどうなるのか?両誌の歴史と内幕を知り尽くした巨頭OBの二人(元『週刊文春』編集長と元『週刊新潮』副部長)が、すべてを語り尽くす!


「週刊文春」とベルゼベフの熱すぎる関係
1540円

「週刊文春」とベルゼベフの熱すぎる関係

楽天での購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

島田真「週刊文春」編集長の守護霊インタヴュー。正義なきマスコミの実態。悪魔の手下に成り下がった拝金ジャーナリズム。正義か悪か、真実かウソかー。その検証もしないまま、読者をミスリードする週刊文春。そこには、やはり悪魔ベルゼベフが暗躍していた。


Amazonで関連する商品を探してみませんか?Amazon Primeなら、すぐに届くのでオススメ!