週刊新潮

新潮社

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。

目次

  1. 週刊新潮について
  2. 週刊新潮の最新号
  3. レビュー・口コミ
  4. 関連商品
  5. Amazon販売情報
  6. マガジン読み放題

週刊新潮について

雑誌・マガジン情報
雑誌名 週刊新潮
出版 新潮社
カテゴリー
発行日 毎週木曜日
ランキング アクセス:16位
セールス:35位
料金
  • ¥26,500(1年)
  • ¥13,250(6ヶ月)
  • ¥440(月額払い)

更新情報・お知らせ

2018/12/13
商品ページに目次を追加しました。NEW
2018/11/12
タグ機能を追加しました。NEW
2018/09/26
楽天マガジンの紹介を追加しました。
2018/08/21
Amazonでの販売情報を追加しました。
2018/07/26
カテゴリー別ランキングが見やすくなりました。
2018/06/19
雑誌・マガジンのキーワード検索が利用しやすくなりました。
2018/05/18
『マガジンキング』サイト公開しました。

» 過去ログ

最新号の紹介

週刊新潮
【特集】 「ゴーンvs.日本」九つの大罪 逃亡劇に浮上した「大手芸能プロ」 「中田英寿PR会社」 ▼検察は取り調べ「録画データ」を 全世界に公開せよ! ▼なぜ「弘中弁護士」に 強制捜査をかけないのか ▼ビットコイン事件で無罪の カルプレスが初証言!  「ゴーンは私を三度訪ねてきた」 ▼穴だらけ「関空」運営はフランス企業 ▼ポスト安倍「石破茂」が「日本はテロ天国」 ▼西川前社長は憤激 「従業員に一言欲しかった」 ▼前妻を金で口止め! 世界を股に証拠隠滅!!  「キャロル夫人」の正体 ▼「金の亡者」に一番の打撃は 外国資産差し押さえ 【特集】 出産「滝クリ」は実家から戻らない! 「小泉進次郎」抜きん出る性事力 ▼家庭崩壊! 妻を寝取られた男の闘い ▼つまみ食いされた「クォーター美女」 ▼「美人秘書」はデートなしで議員宿舎のベッドに…… 【特集】 日韓改善は口だけ! これで政権交代は起きない!! 知らぬ間に「文在寅」はゲシュタポ法を作っていた 【特集】 機密解除! 英国公文書が明かす 退役軍人の反「昭和天皇」 【ワイド】ガラスの人間動物園 (1)世界にばらまかれた「山下泰裕」 糾弾怪文書の読み方 (2)「井上真央」インタビューが 今ごろ「創価学会雑誌」に載る理由 (3)デモに沈黙「アグネス・チャンは迷惑」 と語る「香港の女神」 (4)象の檻が作れなくても退位しない 「上皇陛下」実姉の動物園 (5)「喫煙車両廃止」でも 「近鉄」新型特急が気炎を吐く心意気 (6)ヒット漫画とは随分違った 「ひきこもり支援業者」の裁判沙汰 (7)「週刊新潮の嘘」と宣う 「清水章吾」40年DVに新証言者 【特集】 眼科では治せない「近視」「緑内障」の“根本治療” ▼失明の危機から驚異の回復という「骨格矯正」 ▼シワ・クマ・ほうれい線が消えた!  「見た目」パッチリで「整形と疑われた」 【特集】 「娘は甲でも乙でもなく『美帆』」 「相模原殺傷」遺族の 「実名公表手記」が浮き彫りにした「司法の硬直」 【特集】 勝手に引退 「ヘンリー王子・メーガン妃」に刺激される 「眞子さま・小室圭さん」

最新レビュー(読者の声)

週刊新潮について最新の口コミ情報です。過去のレビューを見ることもできます。

としちゃん

職業:無職 投稿日時:2020年01月09日 08時32分39秒
評価:★★★★
コメント:いつも楽しく拝読しています 93歳のおばあちゃん👵です。 耳も遠くなりましたが、目は新しいレンズを入れて 良く見えます。 週間誌は 私にとって 世の中の出来ごとを知る 大切な物です。 足も立てなくなって いつもベッドの上ですが、枕元に置いて 楽しんでいます。

サヒユ

職業:会社員 投稿日時:2020年01月02日 22時25分50秒
評価:★★★★★
コメント:家族で、まわし読みしています。様々な年代にも対応できる週刊誌は数少ないと思います。今後も楽しみにしています。

ひまわり

職業:教職員 投稿日時:2019年12月22日 22時48分17秒
評価:★★★★
コメント:ジャーナリスト伊藤詩織さんの裁判で、あるべきドアマンの供述調書の存在がなかったことを記事で知った。同時に、週刊新潮の、伊藤さんの真実に向き合う姿勢、相手の偽のジャーナリストを告発しようとする本気度も感じた。記事は民事勝訴判決が出る前に書かれているようだ。刑事裁判は敗訴しているが、記事は、「確実に言えることは闇から闇に葬られた供述調書が息を吹き返すときを待っていることだ。」と締めくくられている。 これまで原発記事の週刊新潮に意見してきたが、伊藤さんの真実に向き合う週刊新潮に好感がもてた。言葉の真実と向き合う新潮らしさを感じた。それにしても森友加計以上のめちゃくちゃの警察官僚究極の忖度か。

過去の口コミをもっと見る

雑誌・マガジン情報
雑誌名 週刊新潮
出版 新潮社
カテゴリー
発行日 毎週木曜日
ランキング アクセス:16位
セールス:35位
料金
  • ¥26,500(1年)
  • ¥13,250(6ヶ月)
  • ¥440(月額払い)

関連する商品

週刊新潮
月刊 Hanada
週刊文春
AERA(アエラ)
SPA!(スパ)
正論
月刊WiLL(マンスリーウイル)
PHP(ピーエイチピー)
COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)
新聞ダイジェスト

週刊新潮のAmazon販売情報

Amazonで関連する商品を探してみませんか?Amazon Primeなら、すぐに届くのでオススメ!

200誌以上が読み放題<楽天マガジン>

初回31日間は無料でお試し!月額380円で200誌以上がアプリで読み放題。年額プランなら3,600円と更にお得。最新号からバックナンバーまで読めるのが最大のメリット!

ファッション誌、女性誌・男性誌、週刊誌、経済詩などジャンルも豊富なので、読みたかった雑誌も一気に読めます。まずは無料で31日間利用してみては?