週刊現代

講談社

高学歴で、20代から50代と幅広い読者層。雑誌ジャーナリズムの本流を堅持し、スクープを満載。政治・経済情報に強い総合週刊誌です。時間をかけた調査報告、良質のエンターテイメントで、サラリーマンの多様な価値観に対応します。

目次

  1. 週刊現代について
  2. 週刊現代の最新号
  3. レビュー・口コミ
  4. 関連商品
  5. Amazon販売情報
  6. マガジン読み放題

週刊現代について

雑誌・マガジン情報
雑誌名 週刊現代
出版 講談社
カテゴリー
発行日 毎週月曜日
ランキング アクセス:32位
セールス:75位
料金
  • ¥22,104(1年)
  • ¥11,052(6ヶ月)

30日間無料~Kindle Unlimited~

更新情報・お知らせ

2018/12/13
商品ページに目次を追加しました。NEW
2018/11/12
タグ機能を追加しました。NEW
2018/09/26
楽天マガジンの紹介を追加しました。
2018/08/21
Amazonでの販売情報を追加しました。
2018/07/26
カテゴリー別ランキングが見やすくなりました。
2018/06/19
雑誌・マガジンのキーワード検索が利用しやすくなりました。
2018/05/18
『マガジンキング』サイト公開しました。

» 過去ログ

最新号の紹介~無料お試し~

週刊現代
日本のコロナは他の国とは別物 結局、日本だけが生き残るかもしれない/「暴走ひき殺し」ヤメ検トップ 石川達紘・81歳の独白/二階俊博 自民党幹事長 独占インタビュー 安倍、麻生、菅、石破、小池 俺が今やってること、ぜんぶ教えてやるよ/大特集 さよなら、私の人生/急増中!それはコロナ鬱です/論争「レジ袋削減」「ペットボトルのリサイクル」は無駄だった/ちあきなおみと藤圭子 1969年、2人の歌姫が生まれた/よみがえる発禁本/昭和の怪物 林家三平/藤田ニコル 衝撃の美尻 無料でのお試しもありますので、是非ご覧ください。 最新号を無料で試し読み(一部除く)

最新レビュー(読者の声)

週刊現代について最新の口コミ情報です。過去のレビューを見ることもできます。

はなうま

職業:自営業 投稿日時:2020年05月02日 10時34分42秒
評価:★★★★★
コメント:気になる記事があるときはコンビニで購入していましたが、このご時世不特定多数のふれた雑誌を購入するのも躊躇われます。なのでデジタル版を自宅にいながら購読できるのはありがたいです。

マリオ

職業:その他 投稿日時:2020年04月27日 19時15分16秒
評価:★★★★
コメント:経済的指標は給付金の貰い方などが具体的に記載されていてお得だと思います。加えて最先端の話題も豊富で、具体的な行動指標になるはずです。

guti2656

職業:医者 投稿日時:2020年04月02日 16時38分52秒
評価:★★★
コメント:最近様々な医療関係の特集かあります。コメントしている医師の考えであつて全ての医者か賛同しているわけではないです。ただ患者さんからの質問対策て読んてます。

過去の口コミをもっと見る

雑誌・マガジン情報
雑誌名 週刊現代
出版 講談社
カテゴリー
発行日 毎週月曜日
ランキング アクセス:32位
セールス:75位
料金
  • ¥22,104(1年)
  • ¥11,052(6ヶ月)

関連する商品

FRIDAY(フライデー)
週刊プレイボーイ/週プレ
FLASH(フラッシュ)
週刊女性
週刊大衆
週刊現代
週刊アサヒ芸能
週刊女性セブン
週刊実話
SPA!(スパ)

週刊現代のAmazon販売情報

Amazonで関連する商品を探してみませんか?Amazon Primeなら、すぐに届くのでオススメ!

450誌以上が読み放題<楽天マガジン>

初回31日間は無料でお試し!月額380円で450誌以上がアプリで読み放題。年額プランなら3,600円と更にお得。最新号からバックナンバーまで読めるのが最大のメリット!

1つのアカウントでスマホ、タブレットは5台、パソコンなど2台まで複数利用できます。

ファッション誌、女性誌・男性誌、週刊誌、経済詩などジャンルも豊富なので、読みたかった雑誌も一気に読めます。まずは無料で31日間利用してみては? >>お申込みはこちら

「週刊現代」特別編集 オールカラー ラグビー日本代表 初の8強入り全記録 2019年10月、日本列島に桜咲く!
999円
「週刊現代」特別編集 オールカラー ラグビー日本代表 初の8強入り全記録 2019年10月、日本列島に桜咲く!

1次リーグ4連勝!ロシア・アイルランド・サモア・スコットランドとの死闘を完全詳報。


週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」
825円
週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」

「日本のシェイクスピア」「作者の氏神」と讃えられる近松門左衛門。その実像は、事件と聞けば現場に駕籠で駆けつける、今でいえば週刊誌のエース記者のような存在だった。なぜ近松はいつも新しいのか?日本人なら押さえておきたい人気の二作品で俗の極致に酔う。


「週刊現代」編集長戦記
997円
「週刊現代」編集長戦記

スクープ戦争の裏側で何が起こっていたのか?名物編集長はいかにしてスクープをものにしたのか。その取材テクニックと後日談など、創刊以来最高発行部数一五〇万部の金字塔を打ち立てた「日本一危険な編集者」が、「雑誌ジャーナリズムを死なせるわけにはいかない」という悲壮な決意のもと、これまで話せなかった内幕をすべて明らかにする。